看護部スタッフメッセージ

看護部長より

 当院は、昭和40年吉田外科病院として開設、昭和62年増築工事により現行の診療体制確立し、名称を変更して吉田病院としました。以来診療科ごとに、それぞれ独自性・専門性をうち出し、質の高い医療水準を維持するよう努力しています。

 また、平成12年に介護療養型医療施設・医療型療養病棟を開棟し長期療養を必要とされている方に対して、医療、看護、介護およびリハビリを行っています。療養される方の能力に応じ、その人らしい生活が送れるよう援助しています。

 さらに在宅ご療養されている高齢者の方々の支援をおこなうため、居宅介護支援事業所・長町訪問看護ステーションを開設しました。このように、急性期、慢性期、在宅へと、患者さまの容態に応じた医療及び介護を行い、幅広く対応しています。

 当院の医療方針に「医療はチームプレイであることを念頭に入れ、全員が患者さまの回復に全力をあげる。」という項目かおります。看護部の理念、方針には「医療チームの和をはかり、自信を持って働ける職場づくりをしましょう。」「働きやすい、温かな職場づくりをしましょう。」という項目があります。よい医療、看護、介護を提供していく為の基本となる、よい人問関係づくりは、大切だと考えています。

 職員はむろん患者様とのコミュニケーションを大切にしています。
 爽やかで暖かい当院へのご利用をおまちしております。

A病棟(医療療養型病棟)より

 療養生活のなかで、医療の必要が高い患者さまに対して、医療・看護・介護を行なっています。
 患者さま、ご家族さまとのふれあいを大切に、スタッフ一同、笑顔をたやさず、頑張っています。

B病棟(一般病棟)より

 主に消化器疾患、脊椎疾患、変形性関節症、肛門疾患などの患者さまが入院している、内科・外科・整形外科の急性期一般病棟です。安全で安楽な「ゆとりある看護」をめざし展開しております。
 地域連携パスの患者さまも積極的に受け入れ、コメディカルと協働し、ADL自立への援助、退院までの準備調整を行なっています。スタッフは、子育て中のママさんナースもおり、働きやすく、明るくにぎやかな職場です。
 入院生活を支え、「看護はケアリングである」をモットーに、地域と密着した看護を提供しております。

さくら病棟より

 療養介護を必要とされる方に対して、一人一人の生活に合った希望に添うケアプランを立案し、その方の「こうなりたい」を援助目標にし、療養生活のお手伝いをします。
 リハビリテーションを積極的に行なうとともに、ご家族との協力体制を大切にし、心身の機能の維持回復を目指します。
 創意工夫あるレクリエーションの実施や、食事、入浴等が楽しめる働き掛けをし、療養生活が充実するよう支援します。

  • 外来より

     一日に、たくさんの患者さま、そのご家族にお会いします。まずは、患者さま一人一人の話を聴くことからはじめます。
     患者さまとスタッフ間のコミュニケーションを大切にし、安全で、信頼できる看護を心がけています。

  • 手術室より

     手術をうける患者様の不安な気持ちを受け止め、思いやりをもって看護することからスタートします。常に緊張感をもち、患者さまとそのご家族の立場に立った「暖かい看護」を心がけています。

摂食・嚥下NST委員会

 脳卒中や神経疾患などの様々な疾患により、嚥下障害が生じます。 嚥下障害に対し、全身状態の改善や生活リズムを整えるなどの支援を行ないながら、嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査などの機能評価も併用し、個別に対応した摂食・嚥下リハビリテーションを行います。 医師・看護師・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・栄養士・薬剤師がチームとなり、患者様の「おいしい!の笑顔」を目標に口から食べることへの支援に取り組んでいます。

看護部の紹介求人情報奨学金制度

医療法人 誠心会 吉田病院
〒940-0053 新潟県長岡市長町1丁目1668

TEL:0258-32-0490
FAX:0258-36-5032

ページの先頭部へ戻る