虐待防止に関する指針

第1章 総則

目的

第1条

この指針は、医療法人誠心会が運営する事業に係る虐待を防止するための体制を整備することにより、利用者の権利を擁護するとともに、利用者が介護サービス等を適切に利用できるように支援することを目的とする。

虐待の定義

第2条

本指針でいう虐待とは、法人すべての職員および、関わる介護サービス等事業者ならびに、介護する家族等が、意図的に利用者(対象者)に対して、不適切な取り扱いをすることをいう。具体的な虐待の種類は以下のものをいう。
身体的虐待

利用者の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴力を加えること。また、正当な理由なく身体を拘束すること。

介護・世話の放棄放任

意図的、結果的であるかを問わず、行うべきサービス(介護)提供を放棄又は放任し、利用者の生活環境や、身体・精神状態を悪化させること。

心理的虐待

利用者に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応その他の高齢者に 著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

性的虐待

利用者にわいせつな行為をすること又は利用者にわいせつな行為をさ せること。

経済的虐待

本人の同意なしに金銭を使用する、または本人が希望する金銭の使用 を理由なく、制限したり、その他当該利用者から不当な財産上の利益を得たりすること。

虐待に対する基本方針

第3条

職員は利用者に対し、いかなる虐待もしてはならない
2苦情処理の徹底

サービス提供中における虐待を防止するために、医療法人誠心会は、利用者及びその家族等からの苦情等を真摯に受け止め、これを速やかに解決するよう最大限努力する。

3虐待の早期発見

日々の利用者へのモニタリングにより、虐待の兆候を早期に発見するよ う努めるとともに、兆候が表れた利用者については、速やかに所属管理者へ報告する。管理者は、苦情処理と同様の対応を行い、事実関係を把握する。

第2章 虐待対応体制

組織的な取り組み

第4条

虐待を未然に防止する観点から、虐待防止検討委員会を設置する。
2委員の構成員について

委員長 理事長
副委員長 事務長
委員 訪問看護ステーション管理者
委員 居宅介護支援事業所管理者
委員 訪問リハビリテーション管理責任者
委員 病院看護部長
委員 病院ケースワーカー

高齢者虐待・不適切なケアの未然防止の取り組み

第5条

職員は、高齢者虐待・不適切なケアを未然に防ぐために以下の取り組みを実施する。

事故や苦情の詳細な分析と再発防止に関する取り組み

提供するサービスの点検と、虐待につながりかねない不適切なケアの発見・改善の取り組み

虐待防止の理解を深める委員会の開催(少なくとも6ヶ月/1回)

職員が一体となり権利擁護や虐待防止の意識の醸成と認知症ケア 等に対する理解を高める研修・教育の実施(年/1回)

新任職員に対する研修・教育の実施

職員のメンタルヘルスに関する組織的な取組

利用者のケースに応じた成年後見制度の利用に関する検討

指針およびマニュアルの定期的な見直しと周知

虐待対応責任者

第6条

本指針による虐待の責任主体を明確にするため、虐待防止責任者を設置する。
2

虐待防止責任者は、委員長があたるものとする

虐待対応責任者の職務

第6条

虐待対応責任者の職務は次のとおりとする

虐待内容及び原因の把握、解決策の検討

解決のための当事職員との話し合い

利用者(家族含む)及び通報者への結果報告

市町村への報告

虐待受付担当者

第7条

利用者等からの虐待通報に対して速やかに対応するために、虐待受付担当者を設置する。
2

虐待受付担当者は各委員とする

3

虐待受付担当者の不在時は、虐待受付担当者以外の職員が通報を受けることができるものとする

4

前項により虐待の通報を受けた職員は、遅滞なく虐待受付担当者に別に定める「苦情受付」によりその内容を報告しなければならない

虐待受付担当者の職務

第8条

虐待受付担当者の職務は次のとおりとする

利用者、家族、職員ならびに介護サービス事業者等からの虐待通報受付

虐待内容、利用者等への意向の確認と記録

虐待対応責任者への前号による記録を用いた報告

第3章 虐待防止対応及び解決

虐待対応の周知

第9条

虐待対応責任者は、法人ホームページへの掲載及び施設内への掲示等により、虐待対応について周知を図らなければならない。

虐待通報及び発見

第10条

利用者本人、またはその家族、職員等からの通報がある時は本指針に基づき適切に対応しなければならない。
2

職員は、虐待を発見した際は、虐待受付担当者に通報しなければならない。

※家庭内などサービス提供先で虐待(疑い含む)を発見した場合の対応

家庭内等サービス提供先における虐待は外部からは把握しにくいことが 特徴であることを認識し、日頃から虐待の早期発見に努めなければならない。

居宅サービスの提供先において虐待を受けたと思われる利用者を発見した場合、虐待受付担当者へ報告するとともに速やかに市町村の担当者へ報告する。

委員会においては、発生した虐待について、その発生原因等の分析から得られる再発の防止策について話し合い、定期的にその効果について評価を行う。

虐待通報の受付

第11条

虐待の通報は、別に定める「苦情受付」によるほか、様式によらない文書、口頭による通報によっても受け付けることができるものとする
2

虐待受付担当者は利用者等から虐待通報を受け付けた際に「苦情受 付・経過記録書」を作成し、その内容を虐待通報者に確認するものとする。なお、通報者名の記載については、通報者本人の同意を必要とする

虐待の報告・確認

第12条

虐待受付担当者は、受け付けた内容を虐待対応責任者に報告する
2

虐待対応責任者は、利用者への虐待が認められた場合は県・市町村の 虐待相談窓口に報告する

虐待解決に向けた協議

第13条

虐待対応責任者は、虐待通報の内容を正確に理解するため、虐待通報者及び当該利用者から通報内容を詳細に聞き取るものとする
2

虐待対応責任者は、当事職員と解決に向けた話し合いを行う

3

前項による話し合いは、原則として虐待通報のあった日から7 日以内に 行わなければならないものとする

4

虐待通報及び虐待対応責任者は、必要に応じて第三者委員に助言を求め ることができるものとする

5

なお、この通報を行った職員に対して、これを理由に解雇等のその他不利益な取り扱いは行わない。

虐待解決に向けた記録・結果報告

第15条

虐待対応責任者は、当事職員との話し合いの結果や改善を約束した事項について別に定める「虐待解決協議報告書」に記録するものとする
2

虐待対応責任者は、当事職員との話し合いの結果や改善を約束した事 項について、利用者及びその家族、虐待通報者に対して別に定める「改善結果(状況)報告書」により報告をする。尚、報告は、原則として話し合いを終了した日から7 日以内に行わなければならないものとする

3

虐待対応責任者は、利用者及びその家族が満足する解決が図られなか った場合には、県・市町村の虐待相談窓口を紹介するものとする

解決結果の公表

第16条

サービスの質の向上を図るため、本指針に基づく虐待防止及び解決の対応状況について、個人情報に関する事項を除き、事業報告書に記載する

改廃

第18条 本指針の改定は、必要に応じて委員長が行うものとする

附則

この指針は、令和4年4月1日から施行する

医療法人 誠心会 吉田病院
〒940-0053 新潟県長岡市長町1丁目1668

TEL:0258-32-0490
FAX:0258-36-5032

ページの先頭部へ戻る